コロナ関係

武田俊男商店、鹿せんべいの売上8割減!新型コロナに鹿もシカたなし!

世界中で感染が確認されている新型コロナウイルスですが、

それにより、様々な影響が出ています。

その中でも、気になったのが、

奈良公園の鹿問題です!

どうやら「武田俊男商店」の鹿せんべいの売上が8割減ってしまったそうです!

「武田俊男商店」とはいったい何なのか?調べてみました

 

「武田俊男商店」は奈良県の鹿せんべい製造店!

武田俊男商店とは、奈良県奈良市にある鹿せんべいを製造しているお店です!

現在鹿せんべいを製造しているのは県内で4、5軒のみとのことです。

武田俊男商店は1917年、大正6年創業とありましたので、

100年以上前からある、最も古い鹿せんべいの製造業者です!

現在、1日1万枚ほどの鹿せんべいを作成しているそうです!

ちなみに鹿せんべいの原材料は、

小麦粉と米ぬかと水でできているので、

人間も食べても大丈夫です。

新型コロナウイルスで売上8割減!?

鹿の好物の鹿せんべいですが、

新型コロナウイルスの影響で、観光客が激減で、あまり売れなくなっているみたいです。

奈良のシカのおやつとして知られる「鹿せんべい」の販売にも深刻な影響が出ている。1日平均約1万枚を生産する奈良市の「武田俊男商店」では、売り上げが8割減になったという。通常、午後4時過ぎまで働く従業員には昼頃に帰宅してもらっている。店主の武田豊さん(72)は「この状況が長引いたら死活問題だ。早く沈静化してほしい」と嘆いた。

出典元:読売新聞オンライン

8割減…

結構な数が減っていることにびっくりしました。

その急激な減少に対して従業員を早く返すなどして、人件費を抑えているのはしょうがないですね。

10枚で150円の鹿せんべいなので、1日12万円の損害になります。

それが30日続くと、360万円の損害です。

かなり大きいですね。

鹿もいつももらえるせんべいが8割減るので、それは怒りますよね。

はやく観光客が戻るといいですね。