エンタメ

大阪でロックダウン(都市封鎖) の可能性は?いつからいつまでか考察

東京でロックダウン(都市封鎖)の噂がありますが、

大阪も可能性あるんでしょうか?

やるならいつからどの範囲になるのか?考察してみました。

ロックダウン(都市封鎖) とは?

そもそもロックダウンですが

Wikipediaでは

ロックダウン(英語: lockdown)は、緊急時において公共の施設や道路などで、外部からの進入者に対して内部の人間の安全確保のため建物を封鎖すること。また、人々の抑留や、屋外活動を禁止して監禁することを意味する。また、緊急事態において人の移動や情報の出入りを制限すること。

となっています。

今回のコロナウイルスで考えると

野外活動の禁止、人の移動を制限するということでしょうか?

いままで、中国、イタリア、フランス、EU、マレーシア、アメリカ合衆国のカリフォルニア州などでロックダウン措置が実施されています。

 

ロックダウンでどんな影響が出る?

兵庫・大阪で「このまま何も手を打たなければ3週間で3000人以上感染者数が増える」と試算されています。

そうなるともう今まで通りの生活ができなくなりそうですね。

もし、ロックダウンが起こったらの推測としては、

デパートやレストラン、遊園地やスポーツジムが封鎖になりそうです。

また、海外の例だと、

飲食店では、テイクアウトのみ可能にする。

通勤していいのは医療従事者や福祉関係者、警察や消防などの限られた職種だそうです!

実際そこまでの対応は日本にできるのでしょうか?

 

さらにロックダウンの影響としては、

外出禁止で、友人に会いにいくのも禁止になります。

自宅待機になるので、買いだめするようになり、コンビニやスーパーから物がなくなる可能性が高いです!!

これが2週間以上になると備蓄した食料品の不足が起きてくる可能性があるようです!!

今回のマスク不足より深刻な状況になりそうですね…

大阪でロックダウンはいつから?

今のところ大阪でロックダウンする予定はありません。

しかし大阪府知事の吉村洋文さんはTwitterで

非常事態宣言に肯定的です。

そうした背景から急激な感染増加が起きた場合ロックダウンを決断するかもしれないです!

 

4月中旬までの感染拡大がポイントになっていきそうです。

宮沢孝幸(京都大学)のFacebook&Twitterが過激でヤバイ! 「いつかはお前もかかる」宮沢孝幸(京都大学)のTwitterが過激でヤバイと話題です!! Twitterで「いつかはお前もかかる」とも呟いているようなので調べ...